So-net無料ブログ作成
検索選択

『善徳女王(ソンドクヨワン)』 その5 感想(51話~60話) [韓流]

「善徳女王」で大ブレイク! 

アルチョン郎こと イ・スンヒョ が来日しました♡

2010年11月14日放送の韓流フォンデュでのインタビューを紹介したいと思います。


~韓流フォンデュ~

Yumi:さて、今日のお客様は「善徳女王」に出演されましたイ・スンヒョさんです。
スンヒョ:アニョハセヨ~
Yumi:素敵な爽やかな青年という感じですねぇ~
スンヒョ:ハハハ~
Yumi:笑顔がとても素敵で爽やかな青年という感じですねぇ~
スンヒョ:「善徳女王」では、めったに笑わなくて、今珍しいからそう思われるのかも
Yumi:爽やかですよ、今日はよろしくお願いします。日本に来たことはありますか?
スンヒョ:子供の時、父が日本で仕事をしていて何度か来た事があります。東京ディズニーランドにも行きました。観光で遊びに来たことがあります。
Yumi:今は仕事で日本に来ているので前とは違う感じがするのでは?
スンヒョ:今とても緊張していますが・・・(笑)


.「善徳女王」のアルチョン役で難しかったことは?

スンヒョ:アルチョンとは違って実際の僕は明るくてよく笑う性格で、かわいい部分も持っているのに・・・そんな僕と違ってアルチョンは無愛想なんです。

Yumi:実際のスンヒョさんはどんな方かと気になっていました。こうしてお会いしてかわいらしい方でホッとしました。アルチョンを演じた際一番心がけていた事は?

スンヒョ:アルチョンはリーダーですよね。戦争映画を観て演技の参考にしました。リーダーである姿を見せるために自分で勉強しましたね。

Yumi:スヒョさんが考えるリーダーの姿はどんなものですか?

スンヒョ:部下の意見は尊重していて決断力のあるのがリーダーだと思います。

Yumi:それがリーダーの姿だと?

スンヒョ:自分ではそうだと思っています。




.撮影現場で楽しかったことは?

スンヒョ:撮影が大変だった分スタッフとの仲がとても良かったんです。多くの時間を一緒にすごしたので

Yumi:オム・テウンさんやキム・ナムギルさんと休みの時間は何をしましたか?

スンヒョ:テウンさんは写真を撮るのがお好きで、キム・ナムギルさんはまるで子供のようにイタズラ好きでした。

Yumi:以前お会いしたときもそうでしたね。

スンヒョ:幼稚園児のように虫を使ってイタズラをしていました。笑~

Yumi:そうですか

スンヒョ:僕も一緒にイタズラして仲良くさせてもらいました。

Yumi:他の共演者のイ・ヨウォンさんとの面白いエピソードはありますか?

スンヒョ:ヨウォンさんと僕は同じ歳なんです。韓国の場合同じ歳だとすぐ仲良くなれるんです。

Yumi:日本もそうですよ~

スンヒョ:なので、すぐ仲良くなりました

Yumi:ヨウォンさんとは普段どんな話をするんですか?

スンヒョ:彼女はまるで男みたいです。

Yumi:サバサバしていて?

スンヒョ:ん~まるで”おばさん”のように・・・爆笑~これはまずいかも・・これは編集してください(苦笑)すぐに”おばさん”と言えるくらい彼女とは仲がいいので・・・実際に結婚しているから”おばさん”ですよね?

Yumi:私のこともそう呼んでいいですよ

スンヒョ:そうですか

Yumi:大丈夫ですから

スンヒョ:お姉さんと呼びますよ~

Yumi:そうですか~気を使ってくれているんですね(苦笑)それほど仲がいいってことですね

スンヒョ:そうですね




 スンヒョさんにとって「善徳女王」とは?

スンヒョ:ターニングポイントになった作品です。

Yumi:具体的にどのように?

スンヒョ:このように来日できたのも「善徳女王」のおかげですね。多くの方に僕を知ってもらうようになったありがたい作品です。

Yumi:仲間としてトンマンを守りまた大きな力になるという役割です。実際のスンヒョさんと似ている部分があるとしたら何でしょうか?性格は正反対だとおっしゃっていましたが

スンヒョ:もちろん似ている部分もあります。アルチョンはトンマンを守ろうとしますよね。もし彼女がいたら守りたいのは同じだと思います。

Yumi:そうですか 

スンヒョ:ハハハハ~その部分は似ているじゃないかと

Yumi:もし彼女ができたら何をしてあげたいですか?

スンヒョ:全部です。

Yumi:全部してあげたい?

スンヒョ:もちろんです。

Yumi:例えばこんなことをしたいとか 具体的に教えてください。視聴者の皆さんも頭の中で想像できるように

スンヒョ:いいところへ連れて行きたいです。

Yumi:旅行をしたいんですね

スンヒョ:日本にも温泉などいい場所がたくさんありますよね

Yumi:日本の温泉に行かれたことは?

スンヒョ:あります。

Yumi:浴衣を着たりも?

スンヒョ:着ましたね。

Yumi:よく似合いそうですね

スンヒョ:似合っていたと思います アハハハ~ なぜ笑うんですか? アハハハ

Yumi:付き合ったらどんな特典がありますか?

スンヒョ:みんなと変わらないと思いますが・・・

Yumi:違いますよ~人によってだいぶ違ってきますよ~ウフフフ~どんな特典が?

スンヒョ:彼女に何かを頼まれたらそれが嫌でも断れない性格です。何でも聞いてあげると思います。仕事以外の時間は彼女のために使いたいと思います。

Yumi:素敵ですね~




.長所と短所は?

スンヒョ:自分から長所を話すのは・・・僕の長所はですね・・・新しいことに接したりした時、それがどんな事でも すぐに吸収できます。例えば、新しいスポーツを習うときや今の演技もそうですが、ある程度になるまではすぐ身に付けられると思います。

Yumi:新しいものをすぐ吸収できるのが長所とのことですが、では短所は何でしょうか?

スンヒョ:短所は・・・飽きやすいところですかね。

Yumi:飽きやすいということ? 飽きやすいのね。

スンヒョ:ある程度までできたら他の新しいものを探そうとしますので

Yumi:いろんな事に挑戦するって事ですよね?

スンヒョ:僕は俳優なら何でもできる事が大事だと思います。深く掘り下げなくても、ある程度のレベルまでのものになったら・・・・笑~

Yumi:そうですか。これからの作品でそのような多彩な姿に期待しています。




.これから挑戦してみたいことは?

スンヒョ:誰もが嫌うような悪役に挑戦してみたいです。僕は日本の俳優の木村拓哉さんがすごく好きなんです。彼の演技スタイルが好きです。

Yumi:自然な演技をなさっていますね

スンヒョ:彼だけが持つ魅力があるのですごく好きです。彼の色々な作品の中で「空から降る一億の星」というドラマがありますよね。

Yumi:井川遥さんと共演したものですね? それもご覧になったんですよね?

スンヒョ:そこで彼が演じた役も素敵だと思います。

Yumi:悪役や男らしい役にも挑戦してみたいと?

スンヒョ:”男らしい役”・・・今までそのような役が多かったので違うキャラクターを演じてみたいです。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


『善徳女王(ソンドクヨワン)』 

その1

その2

その4

その5


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



JCです。

アルチョン郎役の イ・スンヒョさん のインタビューでした。

スンヒョさんも好きな役者が ”木村拓哉 ”ですか・・・。
韓国でも台湾でも 好きな役者又は共演してみたい役者に”木村拓哉”の名前をあげる人って
本当に多くて驚きます。
どうしてかな? 

Yumiさんの「悪役や男らしい役にも挑戦してみたいと?」という質問に
「今までそのような役が多かったので違うキャラクターを演じてみたいです。」と答えたスンヒョさん。
Yumiさん、韓国ドラマ 「テジョヨン」や「戦友」 をぜひチェックしてみてください。「善徳女王」で演じたアルチョンと同じくらい”男くさい役”を演じているスンヒョさんがいますからッ。


スンヒョさん

今回の来日の目的は2010年10月24日に行われたファンミーティング開催のためだったようです。

それもCC Lemon ホールって凄ッ。

知らなかったし・・・ちょっとショック~

生アルチョン郎、観たかったなぁ~




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


感想(51話~60話)ネタバレあり

51話:”チルスク&ソップムの乱” 美室と王が死に謀反の罪をチルスクとソップムにきせたトンマン。チルスクは敵だったけど情があって好きでした。最後まで美室への忠誠心を貫いた彼はとても素敵でした。結局死刑を免れた美室派の5人はピダムを王へと担ぎ上げることに・・・。
52話:「惜しみなく私の全てを捧げます」 とトンマンに誓ったキム・ユシン。「惜しみなく女王様(トンマン)の全てを奪い取ります」と自分に誓ったピダム。柄のない剣の主となったトンマン、三韓統一(新羅・百済・高句麗)という大きな野望もあるし、これからが大変だ~
53話:このあたりからチュンチュが男っぽくなってきました!「善悪はその時に状況によって変わるが形勢は違う。いつでもハッキリしている」by チュンチュ。 カヤか新羅か ユシンを追い込むウォルヤとピダム。
54話:トンマンへの厚い信頼から新羅へ戻ってきたユシン。ピダムやウォルヤがどんな策を講じようとユシンには通用しない。チクパンの「ユシン様と結婚されては?」という言葉が温かい~。そしてチュンチュへの風当たりが強くなってきたトンマン。「私の後ろに隠れて楽をしようとするな!」←ごもっともでございます(笑)于山へ流刑となったユシンだかトンマンの命を受け百済へ潜入。懲りないミセンはユシンの暗殺を計画。美室的やり方で解決しようとする。
55話:大邪城の危機。大邪城に“黒”という名の間者が・・。「ユシンをお捨てください」とトンマンに進言するピダムと「ユシンを救う方法、まさしく私、キム・チュンチュです」と言い切ったチュンチュ。きゃぁぁ~チュンチュ~モシッタ~



nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 7

kimi

久しぶりのJCさんの記事、しかもインタビュー&あらすじ。
時間と労力、相当かかってますね(*v.v)。
>アルチョン郎こと イ・スンヒョ が来日しました♡
← (このハートマークが成せるワザでございますね)
付き合ったら何でもしてくれるのぉ~~~♪
して欲しいぃぃぃ~~ (〃∇〃)


JCさん、体調は万全でしょうか?
これから年末にかけて益々パワー全開でいきましょう p(^v^)q

by kimi (2010-11-15 18:01) 

JC

あんにょん♪
kimiさんに教えていただいた”韓流フォンデュ”
毎週夫婦でかかさずチェックしております。 おほほ・・・汗。
写真もないし
マニアックすぎて
どんな俳優さんなのかわからない所がミソです。(爆)

kimiさんも年末に向けて・・・GO T-max !!!!
by JC (2010-11-16 10:35) 

kimi

今、twitterにミヤネ屋の宮根さんからつぶやきがあって、
『今「善徳女王」のDVDにハマッてまして寝不足です。』だって(≧▽≦)
by kimi (2010-11-16 13:36) 

JC

kimiさん、「善徳女王」
だいたい50話でひと段落しちゃいました(爆)
下手に視聴率があったから欲がでちゃったのかしらん?
51話~63話は蛇足?
by JC (2010-11-17 16:08) 

kimi

あ・・・


そういえば・・・

終盤に向けての視聴率が伸び悩んでいる・・・みたいな記事読んだような
記憶がうっすら・・・^^;
by kimi (2010-11-17 21:15) 

JC

kimiさん、43%ぐらいあった視聴率が50話すぎた頃から急落、
34%台になったとか・・・オットケ~(笑)
by JC (2010-11-18 10:01) 

kimi

やっぱりみなさん正直でらっしゃる・・・
面白くなくなると離れちゃうのね ^^;

でも、一般的には34%台あれば充分大ヒットだよね(;´▽`A``
by kimi (2010-11-18 13:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。