So-net無料ブログ作成

やっと見つけました [韓流]

tomo_01.jpg

 春頃だったかな?夏頃??
 元A’st1tomo がアメブロでやってた
 トモの日常
 ・・・気づいたらなくなってたから、どうしたかと思ってました ^^;


そん時に使用されてた写真デス。なつかシス




 先日、立ち寄った本屋さんでちょいと情報収集したので
 (てへっ)
 帰宅して、早速探してみたところ・・・

 発 見 !!!



やっぱりアメブロにありました (o^-‘)b
8月からオープンしていたんですね~♪
(この頃はT-max関係でいっぱいいっぱいだったから、検索さえもしてなかったょ(汗))
ニックネームは本名の 藤原倫己 にしたんですね♪
藤原倫己の「みなさんのおかげです」というブログタイトル。

今回はきちんと“オフィシャルブログ”ってなってます (爆)
時々、スタッフさんからのお知らせなども混じってるところをみると・・・

23.jpg


 以前みたいな暴露系記事はあまり期待できない?
 (爆×爆っ!!)


ユナとのプライベート2ショットなんてのもありましたネ♪









サイトはこちらデス ↓
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/


最近は活動の幅も広くなってるみたいで
 ドラマ出演
 TVもレギューラーあるみたいだし
 雑誌の連載や
 イベントのMCも・・・頑張ってますネ (^^♪

あ!
今月26日に渋谷CCレモンホールで開催される
『SEOL TRAIN』ていうイベでMCやるそうですょ (o^-‘)b
その日その時間頃、JCさんとkimiは代々木体育館にいるので
ニアミスです ^^;


「日韓両国で自由自在に活動する俳優になりたい」
http://www.kejnews.com/sections/photo/articles/1891
ってインタビュー記事にもなっているので、
期待しちゃいますね (〃∇〃)



by kimi

『善徳女王(ソンドクヨワン)』 その5 感想(51話~60話) [韓流]

「善徳女王」で大ブレイク! 

アルチョン郎こと イ・スンヒョ が来日しました♡

2010年11月14日放送の韓流フォンデュでのインタビューを紹介したいと思います。


~韓流フォンデュ~

Yumi:さて、今日のお客様は「善徳女王」に出演されましたイ・スンヒョさんです。
スンヒョ:アニョハセヨ~
Yumi:素敵な爽やかな青年という感じですねぇ~
スンヒョ:ハハハ~
Yumi:笑顔がとても素敵で爽やかな青年という感じですねぇ~
スンヒョ:「善徳女王」では、めったに笑わなくて、今珍しいからそう思われるのかも
Yumi:爽やかですよ、今日はよろしくお願いします。日本に来たことはありますか?
スンヒョ:子供の時、父が日本で仕事をしていて何度か来た事があります。東京ディズニーランドにも行きました。観光で遊びに来たことがあります。
Yumi:今は仕事で日本に来ているので前とは違う感じがするのでは?
スンヒョ:今とても緊張していますが・・・(笑)


.「善徳女王」のアルチョン役で難しかったことは?

スンヒョ:アルチョンとは違って実際の僕は明るくてよく笑う性格で、かわいい部分も持っているのに・・・そんな僕と違ってアルチョンは無愛想なんです。

Yumi:実際のスンヒョさんはどんな方かと気になっていました。こうしてお会いしてかわいらしい方でホッとしました。アルチョンを演じた際一番心がけていた事は?

スンヒョ:アルチョンはリーダーですよね。戦争映画を観て演技の参考にしました。リーダーである姿を見せるために自分で勉強しましたね。

Yumi:スヒョさんが考えるリーダーの姿はどんなものですか?

スンヒョ:部下の意見は尊重していて決断力のあるのがリーダーだと思います。

Yumi:それがリーダーの姿だと?

スンヒョ:自分ではそうだと思っています。




.撮影現場で楽しかったことは?

スンヒョ:撮影が大変だった分スタッフとの仲がとても良かったんです。多くの時間を一緒にすごしたので

Yumi:オム・テウンさんやキム・ナムギルさんと休みの時間は何をしましたか?

スンヒョ:テウンさんは写真を撮るのがお好きで、キム・ナムギルさんはまるで子供のようにイタズラ好きでした。

Yumi:以前お会いしたときもそうでしたね。

スンヒョ:幼稚園児のように虫を使ってイタズラをしていました。笑~

Yumi:そうですか

スンヒョ:僕も一緒にイタズラして仲良くさせてもらいました。

Yumi:他の共演者のイ・ヨウォンさんとの面白いエピソードはありますか?

スンヒョ:ヨウォンさんと僕は同じ歳なんです。韓国の場合同じ歳だとすぐ仲良くなれるんです。

Yumi:日本もそうですよ~

スンヒョ:なので、すぐ仲良くなりました

Yumi:ヨウォンさんとは普段どんな話をするんですか?

スンヒョ:彼女はまるで男みたいです。

Yumi:サバサバしていて?

スンヒョ:ん~まるで”おばさん”のように・・・爆笑~これはまずいかも・・これは編集してください(苦笑)すぐに”おばさん”と言えるくらい彼女とは仲がいいので・・・実際に結婚しているから”おばさん”ですよね?

Yumi:私のこともそう呼んでいいですよ

スンヒョ:そうですか

Yumi:大丈夫ですから

スンヒョ:お姉さんと呼びますよ~

Yumi:そうですか~気を使ってくれているんですね(苦笑)それほど仲がいいってことですね

スンヒョ:そうですね




 スンヒョさんにとって「善徳女王」とは?

スンヒョ:ターニングポイントになった作品です。

Yumi:具体的にどのように?

スンヒョ:このように来日できたのも「善徳女王」のおかげですね。多くの方に僕を知ってもらうようになったありがたい作品です。

Yumi:仲間としてトンマンを守りまた大きな力になるという役割です。実際のスンヒョさんと似ている部分があるとしたら何でしょうか?性格は正反対だとおっしゃっていましたが

スンヒョ:もちろん似ている部分もあります。アルチョンはトンマンを守ろうとしますよね。もし彼女がいたら守りたいのは同じだと思います。

Yumi:そうですか 

スンヒョ:ハハハハ~その部分は似ているじゃないかと

Yumi:もし彼女ができたら何をしてあげたいですか?

スンヒョ:全部です。

Yumi:全部してあげたい?

スンヒョ:もちろんです。

Yumi:例えばこんなことをしたいとか 具体的に教えてください。視聴者の皆さんも頭の中で想像できるように

スンヒョ:いいところへ連れて行きたいです。

Yumi:旅行をしたいんですね

スンヒョ:日本にも温泉などいい場所がたくさんありますよね

Yumi:日本の温泉に行かれたことは?

スンヒョ:あります。

Yumi:浴衣を着たりも?

スンヒョ:着ましたね。

Yumi:よく似合いそうですね

スンヒョ:似合っていたと思います アハハハ~ なぜ笑うんですか? アハハハ

Yumi:付き合ったらどんな特典がありますか?

スンヒョ:みんなと変わらないと思いますが・・・

Yumi:違いますよ~人によってだいぶ違ってきますよ~ウフフフ~どんな特典が?

スンヒョ:彼女に何かを頼まれたらそれが嫌でも断れない性格です。何でも聞いてあげると思います。仕事以外の時間は彼女のために使いたいと思います。

Yumi:素敵ですね~




.長所と短所は?

スンヒョ:自分から長所を話すのは・・・僕の長所はですね・・・新しいことに接したりした時、それがどんな事でも すぐに吸収できます。例えば、新しいスポーツを習うときや今の演技もそうですが、ある程度になるまではすぐ身に付けられると思います。

Yumi:新しいものをすぐ吸収できるのが長所とのことですが、では短所は何でしょうか?

スンヒョ:短所は・・・飽きやすいところですかね。

Yumi:飽きやすいということ? 飽きやすいのね。

スンヒョ:ある程度までできたら他の新しいものを探そうとしますので

Yumi:いろんな事に挑戦するって事ですよね?

スンヒョ:僕は俳優なら何でもできる事が大事だと思います。深く掘り下げなくても、ある程度のレベルまでのものになったら・・・・笑~

Yumi:そうですか。これからの作品でそのような多彩な姿に期待しています。




.これから挑戦してみたいことは?

スンヒョ:誰もが嫌うような悪役に挑戦してみたいです。僕は日本の俳優の木村拓哉さんがすごく好きなんです。彼の演技スタイルが好きです。

Yumi:自然な演技をなさっていますね

スンヒョ:彼だけが持つ魅力があるのですごく好きです。彼の色々な作品の中で「空から降る一億の星」というドラマがありますよね。

Yumi:井川遥さんと共演したものですね? それもご覧になったんですよね?

スンヒョ:そこで彼が演じた役も素敵だと思います。

Yumi:悪役や男らしい役にも挑戦してみたいと?

スンヒョ:”男らしい役”・・・今までそのような役が多かったので違うキャラクターを演じてみたいです。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


『善徳女王(ソンドクヨワン)』 

その1

その2

その4

その5


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



JCです。

アルチョン郎役の イ・スンヒョさん のインタビューでした。

スンヒョさんも好きな役者が ”木村拓哉 ”ですか・・・。
韓国でも台湾でも 好きな役者又は共演してみたい役者に”木村拓哉”の名前をあげる人って
本当に多くて驚きます。
どうしてかな? 

Yumiさんの「悪役や男らしい役にも挑戦してみたいと?」という質問に
「今までそのような役が多かったので違うキャラクターを演じてみたいです。」と答えたスンヒョさん。
Yumiさん、韓国ドラマ 「テジョヨン」や「戦友」 をぜひチェックしてみてください。「善徳女王」で演じたアルチョンと同じくらい”男くさい役”を演じているスンヒョさんがいますからッ。


スンヒョさん

今回の来日の目的は2010年10月24日に行われたファンミーティング開催のためだったようです。

それもCC Lemon ホールって凄ッ。

知らなかったし・・・ちょっとショック~

生アルチョン郎、観たかったなぁ~




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


感想(51話~60話)ネタバレあり

51話:”チルスク&ソップムの乱” 美室と王が死に謀反の罪をチルスクとソップムにきせたトンマン。チルスクは敵だったけど情があって好きでした。最後まで美室への忠誠心を貫いた彼はとても素敵でした。結局死刑を免れた美室派の5人はピダムを王へと担ぎ上げることに・・・。
52話:「惜しみなく私の全てを捧げます」 とトンマンに誓ったキム・ユシン。「惜しみなく女王様(トンマン)の全てを奪い取ります」と自分に誓ったピダム。柄のない剣の主となったトンマン、三韓統一(新羅・百済・高句麗)という大きな野望もあるし、これからが大変だ~
53話:このあたりからチュンチュが男っぽくなってきました!「善悪はその時に状況によって変わるが形勢は違う。いつでもハッキリしている」by チュンチュ。 カヤか新羅か ユシンを追い込むウォルヤとピダム。
54話:トンマンへの厚い信頼から新羅へ戻ってきたユシン。ピダムやウォルヤがどんな策を講じようとユシンには通用しない。チクパンの「ユシン様と結婚されては?」という言葉が温かい~。そしてチュンチュへの風当たりが強くなってきたトンマン。「私の後ろに隠れて楽をしようとするな!」←ごもっともでございます(笑)于山へ流刑となったユシンだかトンマンの命を受け百済へ潜入。懲りないミセンはユシンの暗殺を計画。美室的やり方で解決しようとする。
55話:大邪城の危機。大邪城に“黒”という名の間者が・・。「ユシンをお捨てください」とトンマンに進言するピダムと「ユシンを救う方法、まさしく私、キム・チュンチュです」と言い切ったチュンチュ。きゃぁぁ~チュンチュ~モシッタ~



SS501 それぞれの近況! [韓流]

今年も早いもので残り2ヶ月をきっておりますが(ヒェ~!)、ダブル君達の近況のご報告です。


Leader Nov 10.jpg

まず、リダから。「イタズラなKISS」のYOUTUBEスペシャル版(これが本編よりず~っとおもしろい←失礼!)の収録も済んで、休むまもなく「スカパーアワード2010」のベストドレッサー賞(こんな賞あったんですねえ。←またまた失礼!)を受賞して授賞式に駆け足来日。一息つく間もなく、12日はアジア大会開幕式でアジアを代表する各国の歌手達と歌を披露する為に中国に飛びます。そして12月はご存知のように4様達と日本でチャリティーイベントです。

Jonmin 1.jpg

刀振り回して何やってるかっていうと、ジョンミンSSIは今月18日~23日に新国立劇場でミュージカル「絆―少年よ大紙を抱け」に出演します。只今リハーサルの真っ最中のようで、どういう訳か刀を振り回してます。HPをご参照ください。http://www.enter-tm.com/

で、千秋楽の日に「さんま御殿」ご出演とか。サンマさんとジョンミンSSIでいったいどういう会話になるか(???)楽しみです。その後韓国でファンミだそうです。

yonsen gyujon1.jpg

イヒョリ姐さんと同じ事務所に移籍したヨンセンSSIとギュジョンSSIは二人仲良くアジアファミツアーだそうです。WOWKOREAさんの記事をお借りしてきました。
「韓国人気グループ<SS501>のメンバーで、イ・ヒョリが所属する芸能事務所と専属契約を結んだキム・キュジュン、ホ・ヨンセンがアジア各国でファンミーティングを開催することが決定した。
2人は、来月4日の祥明大学(韓国)を皮切りにタイ、香港、シンガポール、日本などアジア各国で同イベントを開催する。
所属事務所B2Mエンターテイメントは9日「2メンバーが前事務所から移籍した後、初となる公式スケジュール」と説明。今回のファンミーティングでミニコンサートを披露、また旅行や日常生活のようすを収めた映像を公開する予定だという。」
なんかとってもアットホームなペンちゃん達との距離をとっても近くしたファンミのようですね。

manne 1.jpg

そしてマンネはミュージカル「カフェイン」が11月24日開幕のため、現在リハーサルの真っ最中。これは同じ事務所の先輩カン・ジファンSSIが製作に参加したロマンチックコメディミュージカルでマンネは野心のあるソムリエのジミンとジェントルな男チョンミンの1人2役のキャラクターをがんばるそうで、このミュージカルは先月カン・ジファンSSIが東京で公演して、マンネも勉強のために来日観劇したそうです。

それぞれ皆ファイティ~ン!!!

June 1 1 2010.jpg

来年はまたSS501としてコンサもやってね~、プタゲヨ~!!!
by GRACE


韓国映画版 『アンティーク~西洋骨董洋菓子店』は秋の夜長のDVD鑑賞に超お勧め~!(ネタバレあり) [韓流]

秋も深まり夜遊びよりもお家でDVD鑑賞をお考えの方に韓国で観客動員120万人を記録した、韓国映画版 『アンティーク~西洋骨董洋菓子店』のご紹介です。

13.jpg

ご存知のように原作は日本でもアニメ化そしてテレビドラマ化された漫画です。でもって韓国映画版は恐らく日本のドラマ版よりもっと原作に近く、ある意味原作をかなり濃縮しちゃったって感じです。
結論から申し上げますと、最初から最後まで「オ~マイゴッド!!!」(以下OMG)を連発させてくれた今時稀に見るクリエィティブな映画です。(蛇足ですが、ほんっとにビックリすると私の頭ン中から飛び出てくるのはOMGつまり英語だってことがわかったのもショックでしたが) 日本のドラマ版も少し見たのですが、配役のキャラをしっかりはっきり濃くするだけでどんだけストーリーがとんでもない方向へ走るかっていう映画です。

9.jpg
チュ・ジフン、キム・ジェウク、ユ・アイン、チェ・ジホ

これだけイケメン集めたら、それだけでも観る価値ありですが。ちなみに一番右のチェ・ジホSSIはヨーロッパのメジャーなファッションショーでモデルとしてご活躍だったそうです。あ、ジェウクSSIも高校生の時からモデルやってました。

8.jpg
ステキなパティシエと…

3.jpgイケメンのオーナーにウェイターがいて…

2.jpg
パティシエには勉強熱心な見習いもいて…

ってここまでは、まあフツーっていうか日本のドラマ版とそれほど変わらないのですが...

このステ~キなパティシエ氏、なんと高校時代にオーナーへ愛の告白をしてノンケのオーナーに思いっきり殴られた同級生だったのですが、今は誰もが惚れてしまう“魔性のゲイ”に180度変身を遂げ、行く先々のペストリーショップで絶えず半端ない男性問題を引き起こしてはお店を転々とするハメにはまり、とうとうアンティークに辿りついたという。その上、子供の頃に母親の浮気の現場を目撃したトラウマで女性客のいるフロアに出てくることも不可能な程の女性嫌い。で、助手兼見習いを雇う時も面接は暫く同じ部屋にいてお互いに何も感じなければ合格という方法で決定し、パティシエはケーキ工房にほとんど篭りきり状態となります。

11.jpg
う~ん、これでは確かに「魔性」と呼ばれるわけで...

ともかく、まず冒頭の高校時代の回想シーンで無茶苦茶ダサイ高校生に扮したジェウクSSIにビックリでOMG!!!その後、ほとんど間髪入れずというタイミングで数年後に大変身してゲイクラブのお立ち台で妖艶に踊りまくるジェウクSSIにOMGX3+キャ~(ってどいう数式なんですか)

さらに何故かこの映画ミュージカル仕立てで、突如ケーキの妖精達(?)のダンスが始まって、4人の主演者一同そん中で歌ったり踊ったりしちゃうのにOMG!?! 飛び交うカラフルなケーキダンサーさん達、そして4人のイケメン達がマジで歌って踊ってるのがかなり笑えます。

で、後半はオーナーのケーキ嫌いのトラウマの謎解きと連続誘拐事件の解決という本筋のストーリーの上にパテシィエのフランス修行時代の愛人が追っかけ登場してさらにお話はエライ方角に走ってOMGX10+ヒェ~!の連発になります。

1.jpgフランス人とのラブシーンは刺激強すぎますんで、取りあえずオーナーと...(って何なんだかぁ)

6.jpg15.jpg明るいペストリーショップにはかなりのブラックユーモアも隠れてるなって感じで...

7.jpg最初から最後までこれだけビックリさせてくれた作品も稀というかミン・ギュドン監督のクレバーさに脱帽っていうか、この配役だからかなりキワドイ内容もオシャレにステキに出来たんだと納得の作品です。

日本でも昨年劇場公開されましたので日本語HPがあります。
http://www.antique-movie.com/main.html

ぜひ、DVDレンタルでご覧になってください。by GRACE

笑顔もさわやか、SS501リダ「THE FACE SHOP」新製品発表サイン会~! [韓流]

「イタKISS」のもクランクアップして、ファッションショーにもご出席だったダブルのリダが今度はイメキャラやってる「THE FACE SHOP」新作発表サイン会にご出動です。

oct 28 4 2010.jpgOct 28 12.jpg

 28日午後2時、コスメブランド「ザ・フェイスショップ」明洞5号店(ソウル市中区)で、同社の秋の主力商品「アルセント・エコ・セラピー・バイタルリスト・セラム」の発売を記念し、キム・ヒョンジュンのファンサイン会が行われた。写真は笑顔でサインをするキム・ヒョンジュン。(エンタメコリアさんの記事)

oct 28 12010.jpg

笑顔でお仕事がんばってますね。

oct 28 22010.jpg

これから日本で4様とご一緒のイベントがありますから、そろそろ準備に入ったかな。どういうイベントになるか想像もつきませんが(笑)、リダファイティ~ン!


晩秋ドラマ 「シークレットガーデン」は出演者陣がスゴ~イ! [韓流]

11月第2週からSBSで放映される「シークレットガーデン」です。

SG.jpg

前回はユン サンヒョンSSIのご出演に舞い上がっちゃって、他の出演者の方をちゃんとご紹介できなくって申し訳なかったので、今回はエンタメコリアさんから記事を拝借して出演者のご案内をさせて頂きます。
*********************************************

13日放送開始予定のSBS新ドラマ『シークレット・ガーデン』。『私の名前はキム・サムスン』で一躍人気になったヒョンビン、『チュオクの剣』『ファン・ジニ』でアジア圏で厚いファン層を抱えるハ・ジウォンをはじめ、ユン・サンヒョン、イ・フィリップら人気韓流スターが競演する同ドラマに国内外から期待が高まっている。


 同ドラマの制作会社は27日、「『シークレット・ガーデン』は、ヒョンビン、ハ・ジウォン、ユン・サンヒョンら次世代韓流スターと、作家のキム・ウンスク氏、プロデューサーのシン・ウチョル氏ら敏腕制作陣が組み合わさって質の高いドラマになるだろう。すでに日本や中国などアジア全域から『シークレット・ガーデン』に問い合わせが相次いでいる」と伝えた。


 人気韓流スターの出演に加え、『パリの恋人』『プラハの恋人』『シティーホール』『オンエアー』などヒット作を手掛けたキム・ウンスク氏に、敏腕PDシン・ウチョル氏という豪華布陣。業界だけでなくドラマファンの関心も高まっている。
*********************************************

SG3.jpgSG2.jpg

このドラマ、かなり期待されてるようで、KTVさんからの記事もお借りしてきました。

*********************************************
去る10月27日、済州島松岳山一帯では、ドラマの中に登場するミュージックビデオ監督のユンスル役のキム・サランと、韓流スターオスカー役のユン・サンヒョン、そしてCMスターチェリン役のペク・スンヒが出演するミュージックビデオの撮影シーンが行われた。

このシーンでキム・サランは、ペク・スンヒに「行かないで」と叫ぶユン・サンヒョンに向かって、「カット」サインを出した。キム・サランは、ユン・サンヒョンに「この人物は振られた男」とし「振られたときは、愛した人とどんな風に関係のない人間になってしまうのか理解ができず、眠ることもご飯も食べる事もできない地獄のような状態」と話し、「でも相手は、自分のことなんて考えもしないよう」などの長い台詞を感情を精一杯こめて哀切に読み上げた。
キム・サランのこの台詞が出てくるシーンの撮影が行われている際、撮影現場は一瞬静かになり、しばらく後、ユン・サンヒョンは涙を見せたと言う。そして何回か撮り直した末にシン・ウチョルPDは、「OK」サインを出し、その時ごとにユン・サンヒョンの目もとには涙が浮かび、リアリティのある演技を見せた。

ある制作陣は、「キム・サランさんの台詞、そしてユン・サンヒョンさんの涙が、ドラマ『シークレットガーデン』をさらに面白くしてくれるだろう」と自信を見せた。
*********************************************

ほお、出演者も豪華なら、脚本担当とプロデューサーも結構な方達のようで、楽しみですねえ。
それにしてもサンヒョンSSI、かなりと痩せられましたね。頬がシャープになって、髪型のせいか、ちょっと線の細いアーティストって感じですね。これが「ファミリーがやってきた」でダンスしてた方と同一人物とは思えませんねえ。by GRACE

おしゃれの秋、、「ソウル・ファッションウィーク2011S/S」 [韓流]

秋も紅葉の時期となって、いろいろ楽しい秋のファッションショー、韓国の場合K-POPのアーティスト、タレント、俳優さん達がショー観覧にいらしゃって、ランナウェイと客席の両方が華やかです。

なかでも22日に開催された男性ブランド「MVIO」のファッションショーには、もうこんなに集まっちゃっていいのってくらいの韓国エンタメセレブが観に来てたようです。

まずは、めずらしくスーツでビシッと決めたダブルのリダから…

Oct 23  3.jpgOct 23 2.jpg

スーツ姿もステキ…


次にやっぱりスーツでビシっと決めたT-MAXのジュン君と今回はカジュアルなキム ボム君

Oct 23 1.jpgKim Bom Oct 23 2.jpg

リダ、ジュン君、ボム君ってなんか花男の同窓会みたいですが、3人ともとってもファッショナブル。



T-MAXは皆でショーを観にきてたそうです。

Oct 23 2.jpg

なんだかとっても家族っぽい雰囲気のT-MAXは見ててほっこりしちゃいますね。



CNBLUE Oct 23.jpg



で、このショーでCNBLUEのベーシスト、

イ・ジョンシンがファッションモデルとしてデビューしておりまして、

この方なんと身長186センチ!



ほお、足長さんですね、やっぱり。








こういうファッションショーってランナウェイと客席の両方で目の保養になるってか、両方見てなきゃなんないから、結構忙しいかもです。


BY GRACE

『トキメキ☆成均館スキャンダル』 Mnet にて先行プレミア放送決定! [韓流]

大変で~す!

『トキメキ☆成均館スキャンダル』


Songyunkan Scandal 1.jpg



1話、2話 Mnet にて先行プレミア放送決定です!!

放送日時:12月18日(土) 23時~25時

てっきりKBS World での放送かと思っていました。

Mnet さん頑張ったなぁ~ 拍手♪


JC


ユン・サンヒョンSSI が人気歌手に! SBS週末ドラマ 『シークレット・ガーデン』 [韓流]

いつもは20代の韓流、華流を追いかけるのに忙しく、アラフォー韓流の皆様はほどんど圏外状態のSK一同でございますが<爆>、唯一の例外とも言える、韓流アラフォーの星(?)ユン・サンヒョンSSI がSBSの週末ドラマにご登場だそうです。でもって、このヘアスタイル、観てやってくださいませ。

Yoon Sang Hyong 4.jpgYoon Sang Hyong 5.jpg

ストレートヘアで顎の線がシャープになってちょっと雰囲気変わりましたね。

ちょっと前までのフワフワヘアも素適でしたがYoon sanag hyong 3.jpg

で、一体どんなドラマかっていうのはエンタメコリアさんから記事を拝借してきました。

*********************************************

SBS新週末ドラマ『シークレット・ガーデン』(11月13日スタート)で人気歌手の役を演じるユン・サンヒョンの姿が公開された。
 芸能界で名の知れた浮気者オスカー(ユン・サンヒョン)は、完ぺきなルックスと家柄を誇り、まさに女性たちのロマンといえる役どころ。女性主人公キル・ライム(ハ・ジウォン)もオスカーのファンで、劇中ユ・サンヒョンとハ・ジウォンの恋の行方に期待が集まっている。
 ドラマ制作会社の関係者は、「ユ・サンヒョンはキャラクター作りのため、運動に励んできた。これまでのソフトなイメージを抜け出し、人気歌手のゴージャスな雰囲気を出すため努力してきた」と語った。

*********************************************

は、ゴージャスな雰囲気なんですね。かなり運動して体重落としたのかな。ちょうどCD出した後だし、ドラマでもあのお声をご披露なさるんでしょうか。

共演はハ・ジウォンSSIって女優さんとイ フィリップSSIが韓ドラお約束のアテ馬というか横恋慕役だそうです。

Ha Jiwong 3.jpgI Philip.jpg

INOLIFEさんの記事によりますと…
「イ・フィリップハ・ジウォンの武術の師匠であり、韓国映画界にハリウッド・システムを導入した留学経験がある武術監督を演じる。ひたすら後輩の世話をする“義理派”アクションスクール代表だ。また、師匠の娘であり後輩のハ・ジウォンをひたすら愛するいちずな男を演じる。」

ってことはアクション女優さんと人気絶頂の歌手の恋物語ってことのようです。今までとはちょっと違った徹底的にイケメンプレーボーイを演じるんですかねえ。ごめんなさい、想像しただけでプッて吹いちゃうのは私だけでしょうか。ど~も徹底的にイイ男って役回りより、どこかユーモラスな役を演じてるサンヒョンSSIを見慣れたせいか、ちょっと想像できませんが楽しみですね。BY GRACE

変身でびっくり、「検事プリンセス」!(ネタバレあり) [韓流]

現在KNTBで放映中のパク シフSSIご出演の「検事プリンセス」のご紹介です。

Prosecutor-Princess8.jpg

このドラマも「恋愛マニュアル まだ結婚したい女」、「個人の趣向」でも扱われた純心無垢な少女のような心をもった女性の恋愛を通しての成長を描いております。この方がいったいどうして検事になっちゃったんだろうっていう、場違い、勘違いの社長令嬢の検事が謎のアメリカ帰りの弁護士と一緒に自分の父親が関わった事件を究明していきながら人間的にも成長していく犯罪ドラマと恋愛ドラマを上手に組み合わせたドラマです。制作は「華麗なる遺産」と同じ制作陣だそうで、ミステリーとラブコメの配分もよくできたドラマです。

何よりビックリなのはアイリスにも機密情報員役で出演したキム・ソヨンSSIの大変身ぶりです。「ヘアメイクでこれだけ変わる韓流スター特集」でもご紹介しましたが、あのショートヘアでクールなスパイが今度はフリフリのカラフルなファッションとカーリーヘアで、こういう検察官がいていいのかってお口ポカンになってしまいます。

Kim Soyong 5.jpgKim Soyong 1.jpg

ほんっとここまでヘアメイクで変わっちゃうでのがコワイくらいです。

Kim Soyong 2.jpg

さらに、そもそもこの場違いファッションの女検事さんがこうなっちゃった伏線として、ディーンエージャーの時にとても太ってて悲しい思いをたくさんしたというのがあり、これまた特殊メークでデブの高校生になりきりなのも見ものです。
Kim Soyong 3.jpg

もちろん韓ドラお約束の三角関係が2重にも3重にもなっておりまして…主人公の女性検事さんは先輩検事に片思いしつつ、謎の弁護士にも少しずつ引かれていくという…

PP1.jpg

先輩検事さんと謎の弁護士さんの両手に花!

KNTVさんのスペシャルサイト http://www.kntv.co.jp/princess/vod.php

ラブコメのドキドキと犯罪ドラマのドキドキの両方を一緒に楽しめるドラマです。by GRACE


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。